アビエスクリニック福岡

循環器内科・心臓血管外科

循環器内科

循環器内科では、心臓疾患に精通した医師が診察を行います。心臓超音波、心電図、エルゴメーター(運動負荷心電図)、ホルター心電図(長時間心電計)などを組み合わせ、様々な疾患に対応できるよう万全の体制でお待ちしております。

高血圧

tree

循環器疾患で、最もポピュラーな疾患です。高血圧は“沈黙の殺人者”と呼ばれていて、ある日突然に、心臓病や脳卒中でしに至らしめるとされています。当院では、運動指導、食事指導、薬物治療をおこないます。 薬についても、色々な製剤(ARB、ACE、カルシウム拮抗薬、βブロッカー、αブロッカーなど)があるので、その方にあった製剤をチョイスし、治療をおこないます。 ご心配の方はまず、ご相談ください。

高脂血症

tree

高脂血症はひどくなると、血管内に動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や狭心症、脳卒中を引き起こすとされています。 当院では、運動指導、食事指導、薬物治療をおこないます。薬についても、ストロングスタチン、スタチン、フィブラート、EPAなどその方にあった製剤をチョイスし、治療をおこないます。 ご心配の方はまず、ご相談ください。

狭心症、心筋梗塞

tree
tree
1

一般的には、胸痛(胸の痛み)で起こるとされ、心臓の周りの冠状動脈というところ(心臓を栄養する血管)に動脈硬化が生じて、血液の流れが悪くなり起こります。ただでさえ、流れがよくないところに、運動などをすると、血管は細くなり、流れは全くなくなります。これで胸の痛みが起こるわけです。症状は、数分のことが多いです。(数十分以上だと、心筋梗塞が考えられます。当院では、運動負荷心電図(エルゴメーター)、心臓超音波(心エコー)、心電図、血液検査、トロポニンT迅速キットなどを用いて、適切に診断し、必要であれば、近隣の提携病院に精密検査(冠動脈CTや血管造影)、治療(血管内ステント治療、冠動脈バイパス術)を依頼しています。その後のフォローは当院で行っています。院長は長年、狭心症の治療に取り組んできました。特に冠動脈バイパス術に関しては、学会、論文発表も豊富です。胸の痛みなどがある際にはご相談ください。

異型狭心症(冠攣縮性狭心症)、微小血管狭心症

異型狭心症は冠攣縮性狭心症(けっかんれんしゅくせいきょうしんしょう)とも呼ばれます。発作が安静時に発症することと、特定の時間帯や引き金で症状が起きることが大きな特徴です。多くの場合は夜間から朝方にかけての時間帯に発生しますが、タバコを吸った後やお酒を飲んだ後などに出現するケースもあります。また、発症率は女性が圧倒的に多いことがわかっています。代表的な症状は、胸が圧迫感、締め付けられるような痛み、動悸、息切れ、のどまたは肩まわりの違和感です。異型狭心症の原因は冠動脈が痙攣して非常に狭くなり、血液の流れが悪くなることです。この痙攣はスパズムと呼ばれ、心筋の酸素不足によって発生すると考えられています。また、心臓を取り巻く冠動脈の奥深くには、微小冠動脈という細い血管が張り巡らされ、心筋(心臓を動かす筋肉)のすみずみにまで酸素や栄養を供給しています。この微小冠動脈が十分に拡張しなかったり異常に収縮したりすると、冠動脈の太い血管は正常でも、血液は心筋に十分に行き渡らず、胸痛などが起こることがあります。これを微小血管狭心症といいます。 スパズムの要因としてはストレス、喫煙、飲酒、心身の疲労、急な体の冷え、過換気、女性ホルモンの欠乏などがあげられます。異型狭心症は多くの場合、発作時の心電図を観察することで診断しますが、発作時に 来院されることはなかなか難しいとおもいます。24時間の心電図の変化を観察(ホルター心電図)したり、超音波を使った検査(心エコー)、場合によっては、心臓カテーテル検査などを行うことで判断します。異型狭心症の治療は薬物治療がメインになりまず。、また、ストレス、喫煙、飲酒、心身の疲労、急な体の冷えなど、異型狭心症の直接の原因であるスパズム(血管の痙攣)の誘発因子を遠ざけることも指導されるので、生活習慣の見直しやストレス解消などにも、有効です。院長は長年、これらの治療に取り組んできました。胸の痛みなどがある際にはご相談ください。

一般的には、胸痛(胸の痛み)で起こるとされ、心臓の周りの冠状動脈というところ(心臓を栄養する血管)に動脈硬化が生じて、血液の流れが悪くなり起こります。ただでさえ、流れがよくないところに、運動などをすると、血管は細くなり、流れは全くなくなります。これで胸の痛みが起こるわけです。症状は、数分のことが多いです。(数十分以上だと、心筋梗塞が考えられます。当院では、運動負荷心電図(エルゴメーター)、心臓超音波(心エコー)、心電図、血液検査、トロポニンT迅速キットなどを用いて、適切に診断し、必要であれば、近隣の提携病院に精密検査(冠動脈CTや血管造影)、治療(血管内ステント治療、冠動脈バイパス術)を依頼しています。その後のフォローは当院で行っています。院長は長年、狭心症の治療に取り組んできました。特に冠動脈バイパス術に関しては、学会、論文発表も豊富です。胸の痛みなどがある際にはご相談ください。

不整脈

tree

動悸などの症状で起こることが多いとされています。不整脈には、放置できるもの(洞性不整脈など)から、治療が必要なもの(一定数以上の心室性期外収縮、心房細動など)まで色々あります。当院では、心電図、長時間心電図、心臓エコー検査などをして、的確に診断し、治療をご提案します。

心臓弁膜症、心不全

tree

心臓には、4つの逆流防止弁が付いています。この弁が、壊れたり、硬くなったりすると、弁不全を起こし、最終的には心不全を発症します。心不全は、息がしにくくなったり、足や全身が腫れるといった症状がでてきます。当院の超音波検査は、超音波検査装置を導入しており、心臓および肝臓、下肢まで詳しく検査できます。軽度のものは、薬による治療で十分治療できます。ひどくなった際には、提携医療機関に随時紹介し、適切な治療をご案内します。ご相談ください。